【府中牝馬ステークス2019血統傾向】スタミナ型血統に注目

10月14日(祝・月)に行われる府中牝馬ステークス2019東京芝1800mの出走予定馬(登録馬)と過去5年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。

府中牝馬Sの血統データを分析することで、今年の注目馬を探します。

府中牝馬Sの血統傾向

府中牝馬ステークス2019出走予定馬

☆全体的に軽いキレ味よりも、しっかりとしたタイプの末脚が重要なレースという印象。
そう考えると、スタミナ型サンデーサイレンス系やスタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)ブライアンズタイム(ロベルト系)といった血統が活躍していることに納得がいきます。

 

 

☆末脚の重要度が高いということもあり、前走で上がり上位の脚を使っていた馬は毎年のように好走しています。

 

 

サンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系(大系統)という配合馬の好走が多いです。
これも末脚の重要性の高さに関係していると思われます。
※今年の登録馬ではエイシンティンクル・カンタービレ・サトノガーネット・ダノングレース・ディメンシオン・フロンテアクイーン・プリモシーンが該当します。

 

 

☆道悪だった2017年はステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)が1着3着、2015年はフレンチデピュティ産駒(ヴァイスリージェント系)が1着と、道悪の場合はそういう馬場に強い血統が素直に走っているという印象もあります。

 

【府中牝馬S】の血統プライマル

(過去3年の1~3着馬9頭が対象)
☆タイプ:パワー型9/9、スタミナ型(万能型)9/9
☆スピード系統:8/9
☆父の系統サンデーサイレンス系7/9
☆注目血統:スタミナ型サンデーサイレンス系
スタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)
ブライアンズタイム(ロベルト系)
サンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系(大系統)配合
ヴァイスリージェント系

 

あわせて読みたい府中牝馬S関連の記事はこちら

⇒府中牝馬S2019が行われる東京芝コースの血統傾向

 

PR.京成杯オータムハンデキャップで1,805,600円払い戻し!
プロと同じ馬券を買いたくありませんか?

勝ちうま常勝理論では
指数、調教、外厩、情報、血統、ラップ、AIなど各分野のスペシャリテが揃っています。

 

そのすべてを総合的に分析し人気馬であってもマイナス材料のある馬は軽視、
人気薄であってもプラス材料の多い馬を重視することで
高配当かつ高確率的中を実現しています。

 

こちらは京成杯オータムハンデキャップで1,805,600円的中画像

3月の455,510円、4月の585,800円、そして日本ダービー、宝塚記念の高額払い戻し映像もインパクトがありましたが、それ以上のものが来ましたね!

毎月のようにこういう的中があると会員としては心強いですね。

勝ちうま常勝理論なら

知識、楽しさ、勝利、etc…

競馬で求める全てのものを手にすることが出来ますよ

 

今週『勝ちうま常勝理論』無料登録してみませんか!?

勝ちうま常勝理論への無料登録はこちら⇒https://katiuma-jyousyouriron.com

府中牝馬ステークス2019出走予定馬
最新情報をチェックしよう!