ダイヤモンドステークス2021出走予定馬と血統傾向 ステイゴールドとハーツクライに注目

2月20日(土)に行われるダイヤモンドステークス2021東京芝3400mの出走予定馬(登録馬)と過去5年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。

ダイヤモンドSの血統データを分析することで、今年の注目馬を探します。

 

ダイヤモンドSの血統傾向

ダイヤモンドステークス2021出走予定馬

☆昨年はステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統が1着3着に好走。
2016年にも同産駒のトゥインクルが勝っており注目の血統です。
※今年の登録馬ではオーソリティ・パフォーマプロミス・ヒュミドールがステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統です。

 

 

ハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)は2018年まで7年連続で馬券圏内に来ていました。
2019年は出走馬なし。
2020年は4着と5着でしたが、引き続き注目したいですね。
※今年の登録馬ではタイセイトレイル・ポンデザールがハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)です。

 

 

☆その他にもダンスインザダーク(サンデーサイレンス系)などのスタミナ型サンデーサイレンス系はよく走っています。

 

 

☆長距離のレースなのでスタミナ的な持続力に優れたトニービン(グレイソヴリン系)やスタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)の血統を持つ馬にも要注意です。

 

【ダイヤモンドS】の血統プライマル

(過去3年の1~3着馬9頭が対象)
☆タイプ:スタミナ型(万能型)9/9
☆スピード系統:8/9
☆父の系統ターントゥ系(大系統)7/9
☆サンデー度:6/9
☆注目血統ステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統
ハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)
スタミナ型サンデーサイレンス系
トニービン(グレイソヴリン系)
スタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)

 

 

“競馬は稼げない”という考えは今すぐに捨てて下さい

多くの人間が勝てないからこそ、
勝率を変動させ、勝ちを引き寄せる事で
「大きな配当=大金」を得る事が可能になる、

その差こそが競馬投資における最大の妙味。
そして、その差を決定付けるもの、それは

総合的な情報力

その情報を持っていると豪語するTENKEIへの新規無料登録はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓

ダイヤモンドステークス2021出走予定馬
最新情報をチェックしよう!