アルゼンチン共和国杯2021出走予定馬と血統傾向 今年もトニービンに注目

11月7日(日)に行われるアルゼンチン共和国杯2021東京芝2500mの出走予定馬(登録馬)と過去5年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。

アルゼンチン共和国杯2021の血統データを分析することで、今年の注目馬を探します。

アルゼンチン共和国杯2021の血統傾向

アルゼンチン共和国杯2021出走予定馬

トニービン(グレイソヴリン系)を中心にグレイソヴリン系の血統を持つ馬が毎年好走しています。
母系までチェックした方が良さそう。
昨年もこの血統を持つ馬が人気薄で3着と5着に好走していました。
※今年の登録馬で3代以内にこの系統を持っているのはアドマイヤアルバ・アンティシペイト・オウケンムーン・ゴースト・ロードマイウェイ

 

 

☆3年連続で馬券圏内に好走しているのが、ロベルト系ステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統・キングカメハメハ(ミスプロ系)の系統。

 

 

☆これらの血統傾向からスタミナとパワーが重要なレースだと考えられます。

【アルゼンチン共和国杯】の血統プライマル

(過去3年の1~3着馬9頭が対象)
☆タイプ:スタミナ型(万能型)9/9、パワー型8/9
☆スピード系統:8/9
☆父の系統サンデーサイレンス系6/9
☆注目血統トニービン(グレイソヴリン系)
ロベルト系
ステイゴールド(サンデーサイレンス系)
キングカメハメハ(ミスプロ系)

あわせて読みたいアルゼンチン共和国杯2021関連の記事はこちら

⇒アルゼンチン共和国杯2021最終追い切り情報

 

 

PR.『SEED』が求めるのは何よりも【利益】

 

様々な投資経験を経て
『SEED』が辿り着いた結論

それは『短期間での高回収を狙うことこそが、競馬投資の最適解』

 

本当に勝ちたいのなら
まずは『SEED』で勝ち方のセオリーを学ぶべき!

 

『SEED』に登録すれば
毎週4レースの無料情報がもらえます!

アルゼンチン共和国杯2021出走予定馬
最新情報をチェックしよう!