【中京記念2019】予想!好調ロベルト系の伏兵馬を狙います

7月21日(日)に行われる中京記念2019の予想です。

中京記念の出走馬と過去5年の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。

プリモシーンが1番人気
グルーヴィット、カテドラルの3歳馬が2番人気、3番人気となっています。

広告

中京記念の予想参考血統データ

 

★中京記念過去5年の傾向

中京記念2019予想の出馬表

☆昨年はディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)が1着3着でした。
2016年にも勝っており中京記念でも注目の血統です。
※今年の出走馬ではエントシャイデン・プリモシーン・ヴェネトがディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)です。

 

 

☆前走で上がり上位の脚を使っていたサンデーサイレンス系は信頼度が高いですね。
※今年の出走馬ではカテドラル・プリモシーン・ミエノサクシードなどが該当します。

 

 

☆また、昨年の1着馬と2着馬はダンチヒの血統を持っていました。
※今年の出走馬で3代以内にダンチヒ系の血統を持っているのはカテドラル・キャンベルジュニア・ジャンダルム・ヒーズインラブ・プリモシーン・ミエノサクシード・ロードクエスト。

 

 

☆2017年はニジンスキーの血統を持つ馬が1~3着を独占しました。

 

 

トニービン(グレイソヴリン系)などのグレイソヴリン系にも要注目です。
昨年はこの血統を持つロジクライが2着。
フロンティアも7番人気で4着に健闘していました。

 

 

★中京芝1600mの傾向

ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)オルフェーヴル産駒(サンデーサイレンス系)が3勝2着1回3着1回と互角のトップ争いをしています。
※中京記念の出走馬ではエントシャイデン・プリモシーン・リライアブルエース・ヴェネトがディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)です。

 

 

☆パワーのあるロベルト系も好調です。
土曜日も大活躍でした。

 

 

こういう馬券を獲りたいなら競馬学会への登録は必須ですかね。
↓登録はこちらから無料↓

 

 

中京記念2019の予想

 

◎クリノガウディー
スクリーンヒーロー産駒(ロベルト系)
追い切りは栗東坂路 54.8-39.4-24.8-11.5 単走
終い重点の追い切りでしたが、それでも最後の1ハロン11.5というのは大したものだと思います。
朝日杯FS2着馬。
この時は1分34秒2のタイムで2着になれる状況。
NHKマイルCは1分33秒5で走って14着。
時計がかかるレースに強く、スピードレースに弱いタイプだと考えられます。
このことから雨の影響が残ってスピードレースにはなりにくい今の中京は良いと思いますし、ロベルト系でパワーもあることからもともと東京よりも中京の方が向いているはず。
スプリングS、皐月賞ともに敗れていますが、どちらも外差し有利の状況だったので仕方なし。
NHKマイルCは苦手な高速決着。
今回は朝日杯FS以来の得意条件で、巻き返しに期待出来ると思います。

 

 

○プリモシーン
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
追い切りは栗東CW 78.4-63.1-48.6-36.1-12.1 併せ先着
抜群の動きでしたが、少し気持ちが入りすぎているかなという印象もある追い切りでした。
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)は昨年1着3着、2016年にも勝ち馬が出ている血統。
ただ、今年の馬場状態などを考えると過去の活躍馬と同じように外から差して来られるかは疑問。
それでも能力的にここでもトップクラスなことは間違いないですし、1600mでは時計が速くても遅めでも崩れることは少ないタイプ。
今回追い切りで行きっぷりが良すぎたことは不安点でもあるのですが、レースでも行きっぷり良く、普通であれば騎手も無理矢理抑えたくなるところが馬場を考慮して割と自由にさせて、それが馬場と上手く噛み合う可能性もなくはない。
母系の血統を考えると溜めすぎても良くない面があるので、ある程度積極的に行ってレース全体でスピードを発揮するような競馬も悪くないと思います。

 

 

▲ミエノサクシード
ステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)
追い切りは栗東CW 85.2-67.2-51.5-38.1-11.8 単走
ポートアイランドSは1分34秒0で勝利。
京都金杯は1分35秒1で3着。
阪神牝馬Sは1分33秒7で3着。
ヴィクトリアマイルは1分31秒1で6着。
この馬もスピードレースよりも時計のかかるレースの方が得意なタイプ。
そう考えるとヴィクトリアマイルはよく走ったなと評価出来ますし、今回時計がかかればそれ以上のパフォーマンスが期待出来るわけですから好走出来る可能性も高いと思います。
スタートがいまいちなタイプですし、キレ味もないので、早め早めの競馬で直線入り口では先頭集団の直後くらいにはいたいですね。

 

 

△キャンベルジュニア
父Encosta De Lago(ノーザンダンサー系)×母父Redoute’s Choice(ダンチヒ系)
追い切りは美浦南P 69.9-54.4-39.1-12.3 単走
1200mは少し忙しくスピードを活かせなかった。
1600mに戻ることで前に行くことも出来るし、タフで前残りの可能性のある状況も味方する可能性あり。

 

 

△グランドボヌール
エンパイアメーカー産駒(ミスプロ系)
追い切りは栗東坂路 53.1-38.2-24.8-12.1 単走
最後はしっかり加速して良い動きの追い切りでした。
揉まれて良い血統ではないので最内枠と、1600mという距離への不安はある。
ただ、パワーのある血統、そして先行力の高さは今回の状況を考えると一発の魅力あり。
エンパイアメーカー産駒(ミスプロ系)は昨年夏の七夕賞・函館記念とローカル重賞で波乱を演出しており、夏のローカル重賞では侮れません。

 

 

△コスモイグナーツ
エイシンフラッシュ産駒(ミスプロ系)
美浦南芝 64.9-49.3-36.6-12.5 単走
非スピードレースの逃げ馬。
今回の馬場はこの馬にとって悪くないですし、直線入り口で加速して逃げ切った武庫川Sのようなレース運びが出来ればここでも面白い存在。

 

 

△グルーヴィット
△カテドラル
NHKマイルカップで良いところを見せた3歳馬。
グルーヴィットはNHKマイルCで前が壁になったものの、距離は少し気になるので不利を受けないように外を走るよりも、不利を覚悟でロスを抑えた方がチャンスはあるはず。
そう考えればこの枠は勝負にいけるところ。
カテドラルは例年のような外差しの決まる中京記念であれば最有力候補でしたが、今年の状況はどうか?という感じ。
ただ、この馬の能力で53kgはやはりかなり有利で、そこを存分に活かした積極的な競馬で能力を出し切れる可能性はある。

 

 

【予想印】

◎クリノガウディー
○プリモシーン
▲ミエノサクシード
△キャンベルジュニア
△グランドボヌール
△コスモイグナーツ
△グルーヴィット
△カテドラル
買い目:◎○▲の単勝、◎と○からワイド
◎から3連単マルチ、○から3連複

 

『競馬学会』の予想を無料で手に入れるチャンスです!

 

無料予想で日本ダービーの3連複を的中させた『競馬学会』

 

立て続けに宝塚記念も的中しちゃいました!

こういう馬券を獲りたいなら競馬学会への登録は必須ですかね。

↓登録はこちらから無料↓

 

もちろん今週の『中京記念』の情報ももらえちゃいますから
どちらにしても登録しておいた方がお得ですね。

先週は中京のマレーシアカップでこんなビッグヒットを飛ばしていますから
中京記念への期待も高まります!

 

競馬学会への登録はこちら⇒http://www.pxel.jp/

※必要なのはメールアドレスだけです。

中京記念2019予想の出馬表
最新情報をチェックしよう!
広告