チャンピオンズカップ2021回顧(ステイヤーズS・チャレンジCダブル3連単的中!!)

チャンピオンズカップ2021の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

チャンピオンズCの予想はこちらでした。
(単勝・ワイド的中)

テーオーケインズが圧勝。
前走のようにスタートで遅れることなく、好位から脚を溜めロスも少なく直線を向くと前を交わしてあとは差を広げる一方となりました。
能力はもちろん高いのですが、機動力の高さをフルに活かすことが出来たことによる圧勝だったと思います。
また、スローだったので前の馬が有利だったのですが、その中での瞬発力が抜けていたということでもありますね。

ソダシはスタート普通に出て無理せず逃げた時点で「これは勝たれたかも。。。」と覚悟したのですが、直線前にインティに並ばれると直線では手応えなし。
ペースや展開はかなり楽だったはず。
クロフネ産駒(ヴァイスリージェント系)がダートのトップ路線ではなかなか勝てないという傾向があることは置いておくと、もともとこの一族はダートが得意ですから適性がまったくないとも考えにくい。
立て直しが必要かもしれませんが、それが出来るチームだと思うので、また良い走りを見せてもらいたいですね。

 

 

ステイヤーズステークス2021の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

ステイヤーズSの予想はこちらでした。
(3連複・3連単万馬券的中!)

道中はかなりのスロー。
アイアンバローズが途中からハナを奪ったのは大正解。
その分だけラスト5ハロン目~ラスト2ハロン目は11秒台と速くなりました。
ステイヤーですからここでほとんどの馬がモタモタしたのですが、勝ったディバインフォースだけは外から捲るスピードがあった。

注目のオルフェーヴル産駒(サンデーサイレンス系)は勝てはしませんでしたが2着3着と今年も存在感を示しました。
来年以降も注目ですね。

 

 

チャレンジカップ2021の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

チャレンジCの予想はこちらでした。
(単勝・3連単的中)

こちらもスロー。
ただ、馬場もタフになっていて、その中での瞬発力が要求されたというレース。
ここで活躍した馬たちはまたタフなレースで好走してくると思います。

 

 

血統フェスティバルメルマガ・完全版
新規読者募集中!https://regimag.jp/m/magazine/sell/?magazine=3327
30日間の購読となるので、月の途中から購読を開始しても損にはなりません。
いつでも安心して購読を開始できるようになりました。

 

11月の回収率は158.6%

 

2021年11月終了時のレジまぐ年間回収率163.0%

重賞レースだけではなく、午前・午後の勝負レース予想も好評です。

最新情報をチェックしよう!