チャレンジカップ2021出走予定馬と血統傾向

12月4日(土)に行われるチャレンジカップ2021阪神芝2000mの出走予定馬(登録馬)と過去5年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。

チャレンジCの血統データを分析することで、今年の注目馬を探します。

チャレンジCの血統傾向

チャレンジカップ2021出走予定馬

※2016年までは1800mで行われていましたが、2017年から阪神芝2000mで行われるようになりました。

☆昨年はディープインパクト(サンデーサイレンス系)の血統を持つ馬が1~3着を独占しました。

 

 

☆2017年と2019年はハーツクライ(サンデーサイレンス系)の系統が勝っています。
ハーツクライが持っているトニービン(グレイソヴリン系)の血統は昨年の勝ち馬レイパパレにも入っていたことから注目したいですね。

 

 

キングカメハメハ(ミスプロ系)の血統も良さそう。
パワーとスピードの持続力が要求されているからだと考えられます。

 

 

☆同じ理由からロベルト系ステイゴールド(サンデーサイレンス系)の血統にも注目したいですね。

 

チャレンジCの血統プライマル

(過去3年の1~3着馬9頭が対象)
☆タイプ:スタミナ型9/9
☆スピード系統:9/9
☆父の系統サンデーサイレンス系5/9
☆注目血統ディープインパクト(サンデーサイレンス系)
トニービン(グレイソヴリン系)
キングカメハメハ(ミスプロ系)
ロベルト系
ステイゴールド(サンデーサイレンス系)

 

 

PR.もっとも熱い!3連複情報
『競馬WAVE』

最高峰の生情報
業界ナンバーワンの情報解析

これを駆使することが高額的中への近道!

毎週の無料情報は見逃せない!

競馬WAVEの情報を無料登録でゲットしよう!!
⇒http://keiba-wave.net/

チャレンジカップ2021出走予定馬
最新情報をチェックしよう!