カペラステークス2022予想 カルネアサーダ押し切り可能

カペラステークス2022の予想です。
カペラS2022の出走馬と過去5年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。

発走は12月11日(日)15時20分の予定です。

 

カペラS2022の予想参考血統データ

PR.PR.中央競馬、地方競馬の二刀流『ユニコーン』
先週チャンピオンズカップ大的中!!


やっぱりダートに強い『ユニコーン』への無料会員登録はこちらから
⇒https://www.u-nicorn.com/

 

★カペラS2022出走馬と過去5年の傾向

カペラステークス2022の出走馬と過去5年の好走馬を見やすい色分け表にまとめています。

☆2019年まではヴァイスリージェント系の血統を持つ馬が4連勝していました。
2020年、2021年も2着馬はこの血統を持っていました。
父の母父や母系までチェックしたいですね。

 

 

☆そのほかのパワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)にも要注目。

 

 

☆一昨年・昨年と父または母父がミスプロ系という馬が馬券圏内を占めています。

 

 

☆前走で上がり上位の脚を使っていた馬の活躍も目立っています。

 

★中山D1200mの傾向

ストームバード系がほとんどのレースで好走しています。

 

 

☆土曜日はフォーティナイナー(ミスプロ系)の系統が2勝をあげていました。

 

カペラS2022の予想

◎カルネアサーダ
ドレフォン産駒(ストームバード系)
父はスピードのあるストームバード系
父の母父ヴァイスリージェント系は近年毎年好走馬を出しているカペラSの最注目血統。
牡馬相手の重賞は簡単ではないが53kgで前に行ってしまえば押し切れるのではないか。

 

 

○リュウノユキナ
母父がヴァイスリージェント系
昨年は2着。
能力の衰えも感じないので今年も好勝負に期待出来るはず。

 

 

▲クロジシジョー
こちらは母母父がヴァイスリージェント系
1200mでの安定感は高いですし、血統的に格負けするどころか相手が強い方が本領を発揮するタイプという可能性もある。

 

 

△オーヴァーネクサス
キズナ産駒(サンデーサイレンス系)
前走上がり上位
スピードタイプが全頭残れるわけでもないので、こういうタイプにも出番が回ってきやすい。

 

 

△アティード
サウスヴィグラス産駒(ミスプロ系)
ダート短距離のレジェンド血統
この馬も初風Sで上がり上位
本来であれば前に行くタイプだが、後ろからになってもこれだけの脚を使って結果につなげることができるというのは大きいですね。

 

 

△ヤマトコウセイ
リオンディーズ産駒(ミスプロ系)
現在3連勝中。
減量騎手の恩恵を受けての勝利もあるが、前走は特別戦で減量なしでの勝利。
力をつけながら勝ってきていることは間違いなく今回も警戒が必要。

 

 

△ハコダテブショウ
モーリス産駒(ロベルト系)
中山巧者。
先行力もあるのでチャンス十分。

 

【予想印】

◎カルネアサーダ
○リュウノユキナ
▲クロジシジョー
△オーヴァーネクサス
△アティード
△ヤマトコウセイ
△ハコダテブショウ
買い目
本線:◎○▲の単勝
余裕があれば 3連単フォーメーション ◎○▲→◎○▲△→◎○▲△
または、3連複フォーメーション ◎○▲-◎○▲△-◎○▲△

 

 

PR.中央競馬、地方競馬の二刀流『ユニコーン』
つまりダートレースに強い!!

 

馬体観察のプロ集団によるジャッジ
独自の情報源
最新鋭の予想式(AIによるものか?)

これらが『ユニコーン』の予想の軸のようです。
⇒https://www.u-nicorn.com/

 

先週はチャンピオンズカップ大的中!
やっぱりダートに強い!!

 

注目サイト『ユニコーン』への無料会員登録はこちらから
⇒https://www.u-nicorn.com/

ワールド東京新聞杯
マスターズ東京新聞杯
カペラステークス2022の出走馬と過去5年の好走う馬を見やすい色分け表にまとめています。
最新情報をチェックしよう!