オールカマー2022予想 ソーヴァリアントここも上位の存在

オールカマー2022の予想です。
オールカマー2022の出走馬と過去5年の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。

前日オッズは
1番人気デアリングタクト 2.1倍
2番人気ソーヴァリアント 4.2倍
3番人気ヴェルトライゼンデ 5.0倍
4番人気テーオーロイヤル 7.3倍
5番人気 ロバートソンキー 19.0倍

発走は9月25日(日)15時45分の予定です。

 

PR.先週も無料情報が絶好調の【エクストラ】
『オールカマー』も期待出来る!!

エクストラへの無料登録はこちら
⇒https://extra-horse.com/

 

オールカマー2022の予想参考血統データ

★オールカマー2022出走馬と過去5年の傾向

オールカマー2022予想

ステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統が3年連続好走中です。

 

 

ディープインパクト(サンデーサイレンス系)の系統は毎年好走しています。

 

 

ノーザンテーストストームバード系ヴァイスリージェント系ダンチヒ系ヌレイエフ系や、ボールドルーラー系といったスピードの持続力に優れた血統を持つ馬が活躍しています。

 

 

☆中山ということでロベルト系キングマンボ系(ミスプロ系)などパワーのある血統も有効です。

 

★土曜中山芝コースの傾向

☆全6レース中5レースでターントゥ系(大系統)×ネイティヴダンサー系(大系統)配合馬が勝っていました。

 

 

ダンチヒ系が好調でした。

 

オールカマー2022の予想

◎ソーヴァリアント
オルフェーヴル産駒(サンデーサイレンス系)
最終追い切りは美浦南W 83.5-68.7-52.3-37.3-11.6 併せ先着
オールカマーの好走血統ステイゴールドの系統。
母父ロベルト系でパワーもあるし、母母父がフェアリーキング(ノーザンダンサー系)ということで道悪も苦にしないはず。
同じコースのセントライト記念はアサマノイタズラの2着だったが自分から前を捕まえに行って抜け出す内容は負けて強しだったし、コース適性にも問題は感じなかった。
チャレンジCは2番手から圧勝。
骨折明けでも能力・適性を考えると最有力だが、チャレンジCで見せた前向きさが久々のレースで悪い方に出なければ良いのだが…という不安はある。

 

 

〇ウインキートス
ゴールドシップ産駒(サンデーサイレンス系)
最終追い切りは美浦南W 84.9-68.1-52.7-37.9-11.8 単走
オールカマーで活躍しているステイゴールドの系統で、この馬自身も昨年2着に好走している。
2200mだとスピードレースよりはスタミナレースの方が安心は出来るので今回の馬場はこの馬にとっては良いのではないか。

 

 

▲キングオブドラゴン
ハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)
最終追い切りは栗東坂路 52.9-37.9-24.5-12.3 併せ先着
中山2200mは3走前に湾岸Sを勝っている舞台。
持ち味である先行力と持続力をいかせるので適性は高い。
前走の鳴尾記念は5着だったが終始マークされるキツイ展開だったことを考えれば、それを振り切って崩れなかったことは評価出来る。
展開次第にはなるがチャンスは十分。

 

 

△クレッシェンドラヴ
ステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)
最終追い切りは美浦南W 70.2-54.2-38.8-11.8 併せ同入
オールカマーで活躍している血統。
以前はスタミナ持続力をいかして捲るスタイルだったが、最近は先行スタイルになってきた。
アメリカJCCは外差し決着を内先行という逆の競馬で7着、日経賞はスローのキレ負けで4着と、馬場や展開が少し違っていれば好走も可能だったのではないかと感じさせる内容だった。
今回も馬場がどちらに転ぶかわからないが、人気馬にとってイレギュラーな状況は歓迎材料ではないので、この馬を狙っても良い場面ではある。

 

 

△ヴェルトライゼンデ
ドリームジャーニー産駒(サンデーサイレンス系)
最終追い切りは栗東坂路 51.1-37.3-24.3-11.7 単走
1年4ヶ月ぶりだった前走の鳴尾記念を快勝。
オールカマーの好走血統ステイゴールドの系統ということから重賞連勝に期待がかかるが、鳴尾記念は他の上位馬たちが外を回されたりしたのに対して、この馬はロスも少なく直線でもスムーズに進路が出来るなど上手くいきすぎた印象もある。
もちろん実力上位であることは間違いないのだが、もともと勝ち切れないタイプでもあったことは頭に入れておきたい。

 

 

△テーオーロイヤル
リオンディーズ産駒(ミスプロ系)
最終追い切りは栗東坂路 52.3-38.1-24.7-12.2 単走
ダイヤモンドSに天皇賞と長距離で好走してきたが、血統的には距離短縮にも対応出来るはずだし、休み明けから力を出しやすいタイプでもあるはずなので、強敵相手の天皇賞で3着に来た実力を素直に評価したい。

 

 

△デアリングタクト
エピファネイア産駒(ロベルト系)
最終追い切りは栗東坂路 54.6-39.5-25.9-12.6 単走
春はまだ本調子には戻っていない感じもあったが宝塚記念では3着までくるなど力があることは示した。
今回のコースはベストとは言いにくいので△までとしたが、この馬の調子のジャッジは正確な鞍上が追い切りで好感触を持っている感じなのは心強い。

 

【予想印】

◎ソーヴァリアント
〇ウインキートス
▲キングオブドラゴン
△クレッシェンドラヴ
△ヴェルトライゼンデ
△テーオーロイヤル
△デアリングタクト
買い目
本線:◎○▲の単勝
余裕があれば 3連単フォーメーション ◎○▲→◎○▲△→◎○▲△
または、3連複フォーメーション ◎○▲-◎○▲△-◎○▲△

あわせて読みたいオールカマー2022関連の記事はこちら

⇒オールカマー2022最終追い切り情報

 

 

PR.先週も無料情報が絶好調の【エクストラ】
今週も期待大!!

エクストラは無料情報が強い!!

 

 

この的中実績を見て
「このサイトは本物かもしれない」と感じることが出来たあなた!

違いがわかるあなたこそ、特別な予想サイト『エクストラ』にふさわしい
選ばれし人物なのかもしれません。

 

所属の馬券師による情報×データ×リスク管理が的中の秘訣です。

 

まず『エクストラ』への無料登録をお勧めします。
⇒https://extra-horse.com/

オールカマー2022予想
最新情報をチェックしよう!