東京スポーツ杯2歳ステークス2020出走予定馬と血統傾向

11月23日(月・祝)に行われる東京スポーツ杯2歳ステークス2020東京芝1800mの出走予定馬(登録馬)と過去5年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。

東京スポーツ杯2歳S2020の血統データを分析することで、今年の注目馬を探します。

東京スポーツ杯2歳Sの血統傾向

東京スポーツ杯2歳ステークス2020出走予定馬

☆「前走1600m以上の距離で上がり1位か2位の脚を使って連対以上」の成績だった馬が11連勝中です。
※今年の登録馬ではジュンブルースカイ・ダノンザキッド・ドゥラヴェルデ・プラチナトレジャーが該当します。

 

 

☆2017年と2018年は比較的タフな流れ、2016年はヤヤ重になったこともありサドラーズウェルズ系が3年連続で好走しました。
※今年の登録馬ではタイトルホルダーの母父がサドラーズウェルズ系です。

 

 

ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)は6年連続で馬券圏内に来ています。
昨年はレコード決着になりディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)が1~3着を独占しました。
今年は同産駒は不在となっています。

 

【東京スポーツ杯2歳S】の血統プライマル

(過去3年の1~3着馬9頭が対象)
☆タイプ:スタミナ型血統(万能型)9/9、パワー型8/9
☆スピード系統:8/9
☆父の系統ターントゥ系(大系統)8/9
☆サンデー度:7/9
☆注目血統ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
サドラーズウェルズ系

あわせて読みたい東京スポーツ杯2歳S2020関連の記事はこちら

⇒東京スポーツ杯2歳S2020最終追い切り情報

 

 

PR.すべてのファクターを網羅すべく
東西のスペシャリストを集めた最強チームを結成!

競馬トップチームへの無料登録はこちらから
⇒https://k-topteam.com/

競馬はどれか一つに特化した予想ファクターだけでは、偏った予想や的中に至る重要なプロセスが不足し、的中率を下げてしまうことになりかねません。

出走メンバー・コース設定・ペース・展開など、全てのレースで施行条件が異なり、
本命決着、人気崩れ、穴馬激走などの状況を正確に判断できるファクターを活用して
初めて強固な馬券スタイルを築き上げることができるのです。

 

競馬トップチームでは競馬情報業界に大きくメスを入れる最強チームを東と西でそれぞれ編成。
他社では不可能な万馬券攻略も競馬トップチームでは最先端情報にて
無限の払い戻しをお届けさせていただきます。

何よりも論より証拠

重賞レースでのこのくらいの高額的中も珍しくありません!

 

競馬トップチームで秋の競馬も楽しみましょう!

競馬トップチームへの無料登録はこちらから
⇒https://k-topteam.com/

今ならサイトで使える3万円分のポイントがもらえます!

東京スポーツ杯2歳ステークス2020出走予定馬
最新情報をチェックしよう!