東京新聞杯2021出走予定馬と血統傾向 ディープ産駒が7年連続連対中

2月7日(日)に行われる東京新聞杯2021東京芝1600mの出走予定馬(登録馬)と過去5年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。

東京新聞杯2021の血統データを分析することで今年の注目馬を探します。

 

東京新聞杯の血統傾向

東京新聞杯2021出走予定馬

ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)は7年連続で連対中です。
やはり中心はこの血統という感じです。
※今年の登録馬ではエントシャイデン・サトノアーサー・サトノインプレッサ・トライン・プロディガルサン・ヴァンドギャルドがディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)です。

 

 

☆昨年は母父がダンチヒ系という馬が1着2着。
この血統は3年連続好走中で要注目です。
※今年の登録馬ではカテドラル・サトノアーサー・シャドウディーヴァの母父がダンチヒ系です。

 

 

ダンチヒ系の他にもストームバード系ヴァイスリージェント系などのスピードのあるノーザンダンサー系(大系統)がよく走っています。

 

 

リファール系にも注目したいですね。
ディープインパクト自身の母父もリファール系です。

 

 

☆前走で上がり1位の脚を使っていた馬にも要注目。

 

【東京新聞杯】の血統プライマル

(過去3年の1~3着馬9頭が対象)
☆タイプ:スタミナ型(万能型)9/9
☆スピード系統:9/9
☆父の系統ターントゥ系(大系統)8/9
☆父のサンデー度:7/9
☆注目血統ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
ダンチヒ系などのスピードのあるノーザンダンサー系(大系統)
リファール系

あわせて読みたい東京新聞杯2021関連の記事はこちら

⇒東京新聞杯2021東京芝コースの血統傾向
⇒東京新聞杯2021最終追い切り情報
⇒東京新聞杯2021プレ予想

 

 

PR.昨年大ブレイクした新サイトに2021年も注目!

アルケミストは昨年2月のフェブラリーステークスで130万円超えの大的中!

 

これで注目されるようになったのですが、
プレッシャーもなんのその。

先日もこの通り、東海Sをしっかり当ててきました。

 

アルケミストが勝っている理由
それは競馬を知り尽くしたプロによる徹底した馬券戦略が練られているから

まず第一に「勝てるレース」と「勝てないレース」を事前に調査、選定を行い、
常に高確度を見込めるレースのみを厳選。
これにより的中率を高めています。

次に情報の最適化。
アルケミストでは想定される配当や目標となる配当に応じて取得する情報を最適化。
勝利への最短距離を進むことが出来ます。

 

こういった馬券戦略によって大きな的中が生み出されるのです。

『アルケミスト』には要注目!

今なら毎週4レースの無料情報がもらえます!
↓無料登録はこちらから↓

東京新聞杯2021出走予定馬
最新情報をチェックしよう!