天皇賞春2022プレ予想 タイトルホルダー血統傾向を超えてくるか

5月1日(日)に行われる天皇賞春2022のプレ予想です。

天皇賞春2022の主な出走予定馬の血統、タイプ、好走するための条件、今回のレースでの評価などをまとめています。

 

 

天皇賞春2022主な出走予定馬の短評

天皇賞春2022出馬表

シルヴァーソニック

オルフェーヴル産駒
前走の阪神大賞典は3着。
スタミナの裏付けはあるし操縦性も悪くなく折り合いにも不安はない。
こういうタイプは軽視はしない方が良いのだが、
中山のステイヤーズS、阪神の阪神大賞典ともにゴール前の急坂で伸びを欠いているのは気になるところ。

 

 

タイトルホルダー

ドゥラメンテ産駒
高い先行力と、直線でしっかり反応し11秒台半ばまで加速出来ることが強み。
菊花賞を勝っているように母系の血統に不安はないし、
父のドゥラメンテ(ミスプロ系)もスタミナはあるのだが、父ミスプロ系は春の天皇賞で活躍出来ておらず、過去10年で1頭も馬券圏内に来ていないことは不安ではある。
それでもこの馬自身が菊花賞を勝っているわけだし、京都よりは阪神の方がパワーも活かしやすくチャンスはあるはず。

 

 

テーオーロイヤル

リオンディーズ産駒
ダイヤモンドSは抜け出してから何度か手前を替えていた。
右回りコースでは気になることはないので、左回りコースよりも今回の右回りコースの方が安心感はある。
内回りコースでの勝利実績はないものの、反応の良さなどから不器用だとも感じない。
不安点はタイトルホルダーと同じく父ミスプロ系が春の天皇賞で不振なこと。

 

 

マカオンドール

ゴールドシップ産駒
長い距離でキレる脚を使って勝ってきた。
ただ前走の阪神大賞典は届かず4着。
最後も差を詰めて来ていたのだが、やはり重賞・多頭数となると後ろからの脚質が響いてくるか。
ただ、血統的にはもっとズブズブのスタミナレースになっても対応出来そうだし、
噛み合えば一発あるかもしれない。

 

あわせて読みたい天皇賞春2022関連の記事はこちら

⇒天皇賞春2022の1週前追い切り情報
⇒天皇賞春2022過去5年の血統傾向
⇒天皇賞春2022阪神芝コースの血統傾向
⇒天皇賞春2022過最終追い切り情報

 

PR.無料情報で的中連発の『エクストラ』

今週は天皇賞・春を無料公開とのこと!

春競馬の調子はどうですか!?
エクストラはさらに勢いを増しています!!
このまま春競馬を無双しそうな感じがします。

 

 

この的中実績を見て
「このサイトは本物かもしれない」と感じることが出来たあなた!

違いがわかるあなたこそ、特別な予想サイト『エクストラ』にふさわしい
選ばれし人物なのかもしれません。

 

まず『エクストラ』への無料登録をお勧めします。
⇒https://extra-horse.com/

 

 

所属の馬券師による情報×データ×リスク管理が的中の秘訣です。

その勝利の方程式で多くの予想を的中しています。

 

無料登録をするには
こちらのリンク先に飛んで、メールアドレスを登録するだけ。
⇒https://extra-horse.com/
これで週末の情報をゲットすることが出来ます。

 

『エクストラ』が勢いに乗りまくっていることは確実ですね。

 

この機会に『エクストラ』是非チェックしてみて下さい。
⇒https://extra-horse.com/

先週阪神のマイラーズCを的中しているので天皇賞も期待できそう!!

天皇賞春2022出馬表
最新情報をチェックしよう!