【テレ玉杯オーバルスプリント2019】予想!ヤマニンアンプリメ1400mもいける

9月12日(木)に行われるテレ玉杯オーバルスプリント2019の予想です。
テレ玉杯オーバルスプリントの過去3年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめています。

テレ玉杯オーバルスプリント2019の予想参考血統データ

テレ玉杯オーバルスプリント2019の出馬表

テレ玉杯オーバルスプリント2019出馬表
【テレ玉杯オーバルスプリント2019】の馬柱はこちらです

 

 

テレ玉杯オーバルスプリント2019の過去3年の傾向

テレ玉杯オーバルスプリント2019過去3年

ブライアンズタイム(ロベルト系)の系統が活躍しています。

 

 

☆昨年はキングマンボ系(ミスプロ系)が1着3着でした。
パワーとある程度のスタミナも兼ね備えたタイプの血統が良いのかもしれません。

 

 

プロと同じ馬券を買いたいのなら勝ちうま常勝理論

無料登録はこちら⇒https://katiuma-jyousyouriron.com

 

テレ玉杯オーバルスプリント2019の予想

◎ヤマニンアンプリメ
父シニスターミニスター(ボールドルーラー系)×母父サンデーサイレンス
父はパワーと持続力のある血統、母はサンデーサイレンス×ニジンスキーという配合で溜めが利きスタミナもあるので、テレ玉杯オーバルスプリント向きのバランスになっていると思います。
ヤマニンアンプリメ自身、溜めを利かせながら走ることも出来ていますし、今回のメンバーならそういう競馬が噛み合うのではないかと考えられます。

 

 

○ワイドファラオ
ヘニーヒューズ産駒(ストームバード系)
同産駒の浦和D1400m成績は下の表の通り優秀。
芝とダート両方で重賞を勝っている素質馬。
1400mでさらにパフォーマンスを上げてくる可能性もあると思います。

※こちらのデータは競馬最強の法則WEB様が提供している、地方競馬対応のデータベースソフト「KEIBA DATA SCOPE」を使用しています。

 

 

▲サクセスエナジー
キンシャサノキセキ産駒(サンデーサイレンス系)
母父がスタミナのあるジャングルポケット(グレイソヴリン系)で1400m向きのバランスになっています。
前走のプロキオンSは馬場的には前有利ではありましたが、ペースは速く決して楽ではありませんでした。
この馬は内枠ということもあり進路を確保するために前半で無理をした分、最後は厳しくなってしまいました。
今回も周りに速い馬はいますが、能力的には上位ですから前半無理なく進めることが出来れば巻き返しは可能だと思います。

 

 

△ノブワイルド
ヴァーミリアン産駒(ミスプロ系)
キングマンボ系(ミスプロ系)は昨年1着2着だった注目血統。
前走ではキタサンミカヅキに勝っており侮れません。

 

 

△ノボバカラ
父アドマイヤオーラ(サンデーサイレンス系)×母父フレンチデピュティ(ヴァイスリージェント系)
1400mの方が溜めが利いて末脚の威力が増す可能性のある血統。

 

【予想印】

◎ヤマニンアンプリメ
○ワイドファラオ
▲サクセスエナジー
△ノブワイルド
△ノボバカラ

 

8月の高額払い戻し動画のアップ来たー!
プロと同じ馬券を買いたくありませんか?

勝ちうま常勝理論では
指数、調教、外厩、情報、血統、ラップ、AIなど各分野のスペシャリテが揃っています。

 

そのすべてを総合的に分析し人気馬であってもマイナス材料のある馬は軽視、
人気薄であってもプラス材料の多い馬を重視することで
高配当かつ高確率的中を実現しています。

 

こちらは先日の払い戻し映像。

3月の455,510円、4月の585,800円、そして日本ダービー、宝塚記念の高額払い戻し映像もインパクトがありましたが、8月も来ましたね!

毎月のようにこういう的中があると会員としては心強いですね。

勝ちうま常勝理論なら

知識、楽しさ、勝利、etc…

競馬で求める全てのものを手にすることが出来ますよ

 

今週『勝ちうま常勝理論』無料登録してみませんか!?

勝ちうま常勝理論への無料登録はこちら⇒https://katiuma-jyousyouriron.com

 

テレ玉杯オーバルスプリント2019過去3年
最新情報をチェックしよう!