関屋記念2020血統傾向 今年もディープインパクト産駒か!?

8月16日(日)に行われる関屋記念2020新潟芝1600mの出走予定馬(登録馬)と過去5年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。

関屋記念の血統データを分析することで、今年の注目馬を探します。

 

 

競馬のサイトに大事なことって何でしょうか?

能書きももちろん大事ですが、
もっとも大事なのはこういう結果ですよね!?
↓  ↓  ↓  ↓

能書きより結果。何より的中が欲しい!
という方は早めにこのサイトに登録した方が良いかもしれません。
登録は無料ですから安心ですね。
⇒無料登録はこちらから

関屋記念の血統傾向

関屋記念2020出走予定馬

☆昨年・一昨年とディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)が連勝しています。
※今年の登録馬ではエントシャイデン・サトノアーサー・プリモシーン・プロディガルサンがディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)です。

 

 

☆一昨年はディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)の牝馬が1~3着を独占しました。
昨年は馬券圏内に入ってくることは出来ませんでしたが、ディメンシオンが8番人気ながら4着と健闘していました。
レースのタイム・上がりともに速くなると斤量の軽い牝馬が有利になるのかもしれません。

 

 

ダンチヒ系ストームバード系といったスピードのあるノーザンダンサー系(大系統)を持つ馬が活躍しています。
2015~2018年まで父か母父がダンチヒ系という馬が4年連続で好走、昨年2着のミエノサクシードも母母父がダンチヒ系でした。
※今年の登録馬で3代以内にダンチヒ系の血統を持つのはサトノアーサー・ジャンダルム・プリモシーン・ミッキーブリランテ・メイケイダイハード

 

フェアリーキング(ノーザンダンサー系)の系統やリファール系など、スピード型とは言えないノーザンダンサー系(大系統)も走っていることから、ノーザンダンサー系(大系統)は広く注目したいですね。

 

【関屋記念】の血統プライマル

(過去3年の1~3着馬9頭が対象)
☆タイプ:スタミナ型(万能型)8/9
☆スピード系統:9/9
☆父の系統サンデーサイレンス系7/9
☆注目血統ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
ノーザンダンサー系(大系統)全般
特にダンチヒ系

あわせて読みたい関屋記念2020関連の記事はこちら

⇒関屋記念2020新潟芝コースの血統傾向
⇒関屋記念2020最終追い切り情報

 

 

PR.ユーザー視点で毎週プラス収支をスローガンに掲げる新サイトが登場

競馬のサイトに大事なことって何でしょうか?

能書きももちろん大事ですが、
もっとも大事なのはこういう結果ですよね!?
↓  ↓  ↓  ↓

 

能書きより結果。何より的中が欲しい!
という方にオススメのサイトです。
無料登録は⇒こちらから

 

1度無料登録すれば毎週情報をくれますから
こういうのは早めに登録した方がお得だと思いますよ。

無料登録は⇒こちらから

関屋記念2020出走予定馬
最新情報をチェックしよう!