オークス2022プレ予想 プレサージュリフト東京で2400mなら可能性はある

5月22日(日)に行われるオークス2022のプレ予想です。

オークス2022の主な出走予定馬の血統、タイプ、好走するための条件、今回のレースでの評価などをまとめています。

 

 

オークス2022主な出走予定馬の短評

オークス2022出馬表

アートハウス

スクリーンヒーロー産駒
デビューから3戦全て阪神芝2000m。
唯一敗れたエリカ賞は速めのペースを2番手でついて行ってしまい最後伸びず。
休み明けの忘れな草賞では川田騎手の指示通りに我慢出来て最後に素晴らしい脚を使った。
母は秋華賞2着だし、この馬も直線長いコースでのキレ味勝負よりも、直線短い持続力コースの中で周りよりも速い脚を使うというタイプか。
ただ、能力自体が高いし忘れな草賞のようなレースが出来れば面白い。

 

 

ウォーターナビレラ

シルバーステート産駒
桜花賞は2番手から抜け出したがゴール前で交わされ2着。
血統の字面からは中距離くらいまで対応出来そうではあるが、
スピード豊富なタイプに出ているのでそれを2400mで制御するというのは難しいし、
折り合えたとしても溜めてキレるというタイプでもないため良さは出しにくい。

 

 

スターズオンアース

ドゥラメンテ産駒
桜花賞は中盤緩んだところでの動きがなかったことで、馬場も味方につけたスピード先行タイプのウォーターナビレラ・ナムラクレアが残ったのに対して、有力差し馬は届かなかったレース。
そこをこの馬は馬群で進めることで不利な外を回ることなく勝負圏内をキープし、直線ではスピードタイプよりも優れている瞬発力を発揮出来た。
レースセンスと集中力に良さのあるタイプか。
母系にはスタミナ血統もあり距離は問題ないはず。
能力だけで圧倒するようなタイプではないので、今回もしっかりレースに参加する形で進めたい。

 

 

プレサージュリフト

ハービンジャー産駒
桜花賞では最後方から。
最後は外から上がり2位の脚を使って伸びていたが勝負圏内までは届かず。
前・内有利のレースになったのでこれは仕方がないが、同じように後ろにいたサークルオブライフは4着まで追い上げたことを考えると、現状1600mに限ればあちらの方が上。
ただ、今回は2400mで東京。
血統的には有力馬の中では不安は少ないし、東京だと直線での伸びが違うのでコース替わりも良い。

 

★最終追い切り情報についても書きましたので、そちらもチェックしてみてください。
⇒オークス2022最終追い切り情報

 

あわせて読みたいオークス2022関連の記事はこちら

⇒オークス2022の1週前追い切り情報
⇒オークス2022過去5年の血統傾向
⇒オークス2022東京芝コースの血統傾向
⇒オークス2022最終追い切り情報

 

 

 

『ホライズン』の予想の核は
豊富なベテラン関係者情報と、

多角的なデータ収集
これがしっかり出来ているからこそ、
無料予想以上に有料プランでは爆発力のある予想が期待出来るんですね!

 

これは気になる!!という方は
まずはこちらから『オークス』の予想を無料でゲットして下さい!

⇒https://www.ho-rizon.net/

さらにホライズンの実力に興味のある方は、
高額配当も狙える有料プランを試してみるのも良いかもしれませんが、
人数限定ですぐ売り切れちゃうのでご注意下さい。

シンクタンク京都記念2023
暴露王京都記念2023
オークス2022出馬表
最新情報をチェックしよう!