菊花賞2020プレ予想 コントレイル能力で3000mを乗り切れるか

10月25日(日)に行われる菊花賞2020のプレ予想です。

菊花賞2020の主な出走予定馬の血統、タイプ、好走するための条件、今回のレースでの評価などをまとめています。

 

菊花賞2020主な出走予定馬の短評

菊花賞2020出走予定馬

アリストテレス

エピファネイア産駒
同産駒は先週の秋華賞を勝利。
筋の通った牝系だし、サドラーズウェルズの血統を持っていることも良い。
何よりも春と比べてこの馬自身のレース内容がかなり良くなっていることが心強い。

 

 

ガロアクリーク

キンシャサノキセキ産駒だが、
母系はスタミナ血統が多く中距離まではこなしている。
ただ、2000mまでは大丈夫だったが、2400mのダービー、そして2200mのセントライト記念は若干パフォーマンスを落としている印象があり、
菊花賞での上積みは期待しにくいか。

 

 

コントレイル

ディープインパクト産駒
前走の神戸新聞杯は中団から直線間を抜けると一瞬で後続に差をつける完勝。
能力はやはり何枚か抜けているが、
3000mの菊花賞はこれまでとは違う適性が要求される可能性はあるし、
母系の血統から適性があるとは言いにくい。
こういう特殊な舞台が得意な馬が一気にパフォーマンスを上げてくるのに対して
どこまで地力の高さで対抗できるか。
PR.控えめに言っても今もっとも注目のサイト『ユニコーン』
こちらから無料登録するだけで、毎週予想を入手できます⇒⇒http://u-nicorn.com/

 

サトノインプレッサ

ディープインパクト産駒
母系にスピードがあまりないということから、
この距離の方が走りやすい可能性はある。
京都をプラスにしてダラッと伸びるタイプのディープ産駒かもしれず、
注意は必要か。

 

 

サトノフラッグ

ディープインパクト産駒
母系に今の主流血統がないこともあり一瞬のスピードはないが、
その一瞬の速さがないというところが、下り坂を使える京都の外回りコースでの持続力競馬にフィットするかもしれない。

 

あわせて読みたい菊花賞2020関連の記事はこちら

⇒菊花賞2020の1週前追い切り情報
⇒菊花賞2020過去5年の血統傾向
⇒菊花賞2020京都芝コースの血統傾向
⇒菊花賞2020プレ予想ヴェルトライゼンデ編

 

 

PR.徹底的に研究、解析し効率的に利益を出す方法を確立した新進気鋭サイト

競馬を徹底的に研究、解析し
効率的に利益を出す方法を確立致しました。

こう豪語するのが新進気鋭サイトの『ユニコーン』

馬体観察のプロ集団によるジャッジ
独自の情報源
最新鋭の予想式(AIによるものか?)

これらが『ユニコーン』の予想の軸のようです。


これは先週の日曜日だけの的中実績。
秋華賞的中などすばらしい的中を毎週のように生み出していることから
その実力は相当なものだとわかりますが、

しかも、少ない買い目で的中している辺り、
馬体観察のプロ集団によるジャッジ・独自の情報源・最新鋭の予想式
これらが上手く機能しているんだなと感じます。

特に高配当が手に入るなら、どのレースでも良い
という方にオススメ出来るサイトです。
無料登録でも毎週予想は配信されるので
まずはそこで実力を試してみることが出来るのも良いですね。

新サイト『ユニコーン』への無料会員登録はこちらから⇒http://u-nicorn.com/

控えめに言っても、ここは今もっとも注目サイトだと思います。

菊花賞2020出走予定馬
最新情報をチェックしよう!