【ブリーダーズゴールドカップ2019】予想!プリンシアコメータ今年は勝ちたい

8月15日(木)に行われるブリーダーズゴールドカップ2019の予想です。
ブリーダーズゴールドカップの過去3年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめています。

 

広告

ブリーダーズゴールドカップ2019の予想参考血統データ

ブリーダーズゴールドカップ2019の出馬表

ブリーダーズゴールドカップ2019出馬表

 

【ブリーダーズゴールドカップ2019】の馬柱はこちらです

 

 

ブリーダーズゴールドカップ2019の過去3年の傾向

ブリーダーズゴールドカップ2019過去3年の傾向

☆2000mということで溜めの利くパワー型ターントゥ系(大系統)が中心になっています。
特にロベルト系は母父として3年連続で好走馬を出しています。

 

 

☆2017年までは父ミスプロ系が3連勝していました。

 

 

 

勝てる!競馬期間限定で無料会員募集スタート!

サイトでは1,500万円の払い戻し動画も公開中!必見です
⇒http://www.kateru-k.com/

 

 

ブリーダーズゴールドカップ2019の予想

◎プリンシアコメータ
父スパイキュール(サンデーサイレンス系)×母父アジュディケーティング(ダンチヒ系)
昨年の2着馬。
昨年はラビットランに上手に乗られてしまった感あり。
適性・能力ともに上位ですし、今年はラビットランほど決め手のあるタイプもいないので、道中は焦らずジワッと進め、直線までにギアを上げて行くことが出来ればチャンスありでしょう。

 

 

○ラインカリーナ
パイロ産駒(ボールドルーラー系)
昨年の勝ち馬ラビットランと同じ系統。
タイプは違いますが、こちらは前目で持続力を活かす競馬で血統の良さを引き出すことが出来ています。

 

 

▲ビスカリア
ヴァーミリアン産駒(ミスプロ系)
芝→ダート戻りは好材料。
ここに入れば決め手は上位。
基本的には前有利ですが、もしも前の馬たちがやりあったりなどして消耗が大きくなればこの馬の出番か。

 

 

△アンデスクイーン
タートルボウル産駒(ノーザンダンサー系)
距離に不安がないこと、末脚がしっかりしていることからやはり侮れないですね。

 

 

△クイーンマンボ
父マンハッタンカフェ(サンデーサイレンス系)×母父シンボリクリスエス(ロベルト系)
この距離で早め早めの競馬が出来れば馬券圏内に残ることはまだ十分に可能。

 

 

【予想印】

◎プリンシアコメータ
○ラインカリーナ
▲ビスカリア
△アンデスクイーン
△クイーンマンボ

 

 

勝てる!競馬期間限定で無料会員募集スタート!

 

勝てる競馬の強みは

プロ集団が情報を扱っていること。

 

走らせる側の思惑
これを情報の扱いに長けたプロ集団が精査しているわけですから
他とは精度の高さが違います。

こちらは会員の方達の声ですが、やはり好評。
というか、情報の凄さに驚いている感じですね。

 

サイトでは1,500万円の払い戻し動画も公開中!
これは一見の価値があると思います。


勝てる競馬への無料登録はこちらから
⇒http://www.kateru-k.com/

ブリーダーズゴールドカップ2019出馬表
最新情報をチェックしよう!
広告