【青葉賞2020血統傾向】トニービンの血統を持つ馬が3連勝中

5月2日(土)に行われる青葉賞2020東京芝2400mの出走予定馬(登録馬)と過去5年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。

青葉賞の血統データを分析することで、今年の注目馬を探します。

 

PR.帯封獲得のため最強トップ6がここに集結!
新サイト『競馬WAVE』

最高峰の生情報
業界ナンバーワンの情報解析

これを駆使することが高額的中への近道!

毎週の無料情報は見逃せない!

『競馬WAVE』への無料登録はこちら
⇒http://keiba-wave.net/

 

青葉賞の血統傾向

青葉賞2020出走予定馬

☆2019年は雨の降る馬場の影響が強く前の馬が残りましたが、基本的にはスタミナ的な末脚が活きやすいレースです。

 

 

トニービン(グレイソヴリン系)の血統を持つ馬が3連勝中です。
昨年はこの血統を持つ馬が1~4着までを占めました。
※今年の登録馬でトニービン(グレイソヴリン系)の血統を持っているのはアラタ・エヒト・コンドゥクシオン・ダノンセレスタ・プリマヴィスタ

 

 

☆スタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)やスタミナ型ナスルーラ系(大系統)といった血統を持つ軽いキレ味では劣るタイプの馬が、東京芝2400mというスタミナを活かしやすい舞台で末脚を発揮することの多いレースです。

 

 

☆2016・2017年はディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)が連勝。
やはり軽いキレ味を武器にしていないタイプの方が良いですね。

 

 

☆スタミナの要求される舞台での末脚が重要になるので、前走2200m以上の距離で速い上がりを使っていたという馬が中心になっています。
アザレア賞組、大寒桜賞組には特に注目したいですね。

【青葉賞】の血統プライマル

(過去3年の1~3着馬9頭が対象)
☆タイプ:スタミナ型(万能型)9/9、パワー型8/9
☆スピード系統:7/9
☆父の系統サンデーサイレンス系4/9
☆注目血統トニービン(グレイソヴリン系)
スタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)
スタミナ型ナスルーラ系(大系統)
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)

あわせて読みたい青葉賞2020関連の記事はこちら

⇒青葉賞2020東京芝コースの血統傾向

 

 

PR.帯封獲得のため最強トップ6がここに集結!
新サイト『競馬WAVE』

最高峰の生情報
業界ナンバーワンの情報解析

これを駆使することが高額的中への近道!

毎週の無料情報は見逃せない!

『競馬WAVE』への無料登録はこちら
⇒http://keiba-wave.net/

 

青葉賞2020出走予定馬
最新情報をチェックしよう!